このサイトの管理人と、管理人の父の自己紹介

このサイトの管理人の自己紹介

岐阜県の北の方の山奥に住んでいる26歳の独身男性です。

畑仕事が大好きな父に影響を受けて、実家で代々受け継がれてきた畑で趣味で野菜を作っています(ダイエットも兼ねてます)。

庭で花も育てており、春にはコスモス、スズラン、スノードロップが咲き、夏にはひまわり、朝顔、コキア、ゴーヤ(緑のカーテン用)。秋には彼岸花、鬼灯が咲いています。


ゴーヤと朝顔のグリーンカーテンを作りました

畑や庭を耕すときには、耕運機を使っています。

耕運機は1台あたりの価格が高く、高いものになると車1台分の値段もします。どれにしようか、買うのに迷うことも多いと思います。

このサイトは、そうした「難しい耕運機選びが楽になればな」と思って作りました。今人気の耕運機を、私と、私の父がおすすめする順にランキングにして紹介しています。

ランキングは、畑仕事好きな父の話や、耕運機を買った方の感想を参考にしつつ作りました。

私の父は畑仕事が好きで、仕事終わりや休日はいつも畑にいます。

毎年、60坪の畑がいっぱいになるほど野菜を育て、季節ごとに食べきれないほどの旬の野菜を作ってくれます。

そんな父の意見も参考にしているので、ここで紹介する耕運機に間違いはないと思います(100%とは言えませんが……)。

高い買い物なので、失敗をしないように、細心の注意を払ってランキングを作っています。どうぞ、耕運機選びの参考にしてください。

このサイトの管理人の親父の自己紹介

岐阜県の北の方の山奥に住んでいる56歳の既婚男性です。

仕事が大工なのもあってか、日曜大工や畑仕事、庭の手入れなどで体を動かすことが大好きです。

実家で代々受け継がれてきた畑で、趣味で野菜を作っています。本業は大工ですが、時間がありさえすれば畑にいます。

息子の私が実家に帰ってきて、一緒に畑仕事をするようになってから趣味がヒートアップし、年中、畑がいっぱいになるまで野菜を育てます。

去年からは、家の畑だけでは物足りず、親戚の畑を借りてサツマイモやジャガイモも育てています(ちなみにお母さんは、収穫した野菜を使い切れずに半分くらい腐らせて土に還します)。

最近では、地区で貸し出している畑を、年に1,000円の貸出料を払って借りようともしています(安い!)。

趣味とはいえ、畑は大体60坪ほどあるので、クワで耕すのは流石にキツく、耕運機を使っています。耕運機は2台あり、畑と庭で使い分けています。

使っている耕運機は「RCV330」です。

ちなみに、選んだ理由は「価格の安さ」と「親戚がもう使わないからくれた」からだそうです。

耕運機や草刈機から、釘打ちのインパクトや高圧洗浄機まで幅広い機械に詳しいです。