耕運機を自分で修理するときに参考になる22のおすすめサイトのご紹介

「メンテナンスせずに置いていたら動かなくなっていた……」
「作業中に止まってしまった……」
「修理に出すとお金がかかるしなあ……」

耕運機を使いたいときに使えなくなるのは、本当に不便ですよね。

仕方なくクワで耕そうにも、固い土を掘り起こすのは腕や腰が疲れますし、畑が広ければすさまじい労力がいるでしょう。
とはいえ、耕運機を修理に出すと、時間もお金もかかってしまいます。

もし、機械いじりに自信があるなら、自力で直してみるのも一つの手です。
耕運機が動かなくなる原因は、単なる部品の汚れや接触不良であることも多く、ちょっとした調整で再び動くようになることがあります。

ここでは、耕運機を修理したようすを掲載しているサイトさん22件を紹介しています。
写真や詳しい説明を載せておられるので、修理する際の参考にすると良いと思います。

ただし、失敗すると状態が悪化してしまうおそれもあります。
最悪の場合、修理屋さんでも直せなくなってしまうので、「こりゃダメだ」と思ったらおとなしく修理屋さんに任せましょう。

守谷市の菊地サイクルのブログ

修理の内容:エンジンの修理(キャブレターの掃除)、エアクリーナーの交換

エンジンがかからなくなったホンダの「FU600」を修理するようすを掲載しています。

キャブレターの汚れが原因のようでした。分解して清掃し、完成です!
同時に、スポンジがボロボロになってしまったエアクリーナーも交換されています。

こちらのサイトさんでは、一輪車の点検修理からトイレのバルブ修理、軽トラの調整まで幅広く修理記事を掲載されています。
機械いじりが好きな方なら一日中読んでいられます!

週末農夫のきまぐれ

修理の内容:エンジンの修理(キャブレターの詰まり直し)

キャブレターにある「メインジェット」の位置を丁寧に紹介しています。
耕運機のエンジンが始動しない原因の多くは、このメインジェットの詰まりにあります。
詰まりを直してやると、再び動くようになることが多いです。

「キャブレターってなに?」「メインジェットがどこにあるのか分からない」という方の参考になるサイトさんです。

ガレッジ修造のポンコツブログ

修理の内容:エンジン修理(ウォームホイールの交換、パーツの洗浄)

ブレードが動かなくなった耕運機の修理工程を掲載しているサイトさんです(エンジンは動く)。
使っている耕運機はリョービの「RCVK-4200」です。

オイル切れに気付かず動かしてしまい、ウォームホイールの歯車が削れ、シャフトも焼き付いてしまったようでした。

歯車の交換と、各パーツの洗浄をして、無事復活を遂げています。

自動車に惚れて・・・

修理の内容:エンジン修理(カムシャフトの調整)

エンジン不調の耕運機を修理する工程が掲載されています。
使っている耕運機はホンダの「F400」です。

原因はカムシャフトにあったようで、グラインダーとオイルストーンで削って調整して直しています。

こちらの耕運機は、サイトの管理人さんが、大叔父さんから「修理出来たらお前にやる」と言われたもののようです。
最後は無事に復活し、見事手に入れておられます。

農機具レストア★熊本ベース

修理の内容:エンジン修理(キャブレターの詰まり直し、プラグコードの交換)

耕運機の修理の方法を動画で説明しているサイトさんです。

修理のようすを最初から最後まで見せてくれるので、どう手を加えれば良いのか分かりやすいです。
修理に自信のないかたでも、こちらを参考にすれば自力で可能なのではないでしょうか。

修理に使った道具や部品も紹介してくれているので、欲しいと思ったらすぐに買えて便利です!

完全浅く広くマニュアル 永久保存版

修理の内容:エンジン修理(キャブレターの詰まり直し)

エンジンがかからなくなったイセキの「マイペット63」の修理をしています。
原因はキャブレターの詰まりのせいで、細い針で詰まりをとってあげて修理完了しています。

エンジンがかからない原因を調べるところから書かれているので、どうやって原因調査をしていくのかの順番が分かります。
どこに原因があるのか、探し方が分からない方の参考になるでしょう。

機械とときどき俺話。

修理の内容:エンジン修理(ピストンロックの解除、噴射ノズルとポンプの洗浄、ヘッド周りの洗浄、燃料コックの修理など)、チョーク機構の修理、コンデンサーの交換

耕運機のエンジンを修理して、復活するまでのようすが掲載されています。

ピストンロックの解除、噴射ノズルとポンプの洗浄、ヘッド周りの洗浄、燃料コックの修理……など、あらゆる部分を調整しています。

エンジンが故障したときは、こちらの記事が参考になるかもしれません。

復活まで、なんと2ヶ月も手間をかけているそうです。
しかも、1台がやっと終わったと思ったら、今度は畑の真ん中に野ざらしにされていた年代ものの耕運機を直しにかかるという……パワフルすぎます。

修理の情報を集めるために見たら、ついつい読み込んでしまうほどの濃い内容の記事でした。

みのざきちゃんねる

修理の内容:オイル漏れ直し

オイル漏れをした耕運機の修理のようすが掲載されています。
オイルが大量にこぼれていて、ぐっしょりな床を見ると痛々しいです…。

漏れ出している場所は車軸とミッションケースのオイルシールからのようです。
タイヤを外して、オイルシールを抜いて磨くまでの流れが書いてあります。

ほのぼの家族

修理の内容:ギヤオイルの交換

リョービの「RCVK-4300」のオイル交換の記事を掲載しているサイトさんです。

故障はしておらず、メンテナンスのためにオイル交換をされたようです。
購入から1年くらいしか経っていないのに、すでにオイルは真っ黒だったようです。
オイル交換はこまめにしないといけないですね……。

30分ほどで作業は完了しています。

何でも雑記板 新

修理の内容:キャブレターのオーバーフローの修理

キャブレターの分解から洗浄までの手順を、写真付きで丁寧に説明しています。
使っている耕運機はクボタの「TMA25」です。
畑を耕すときにキャブレターがオーバーフローして、吸入口からガソリンが溢れ出したそうです。

写真がきれいで、小さな部品もよく見えるように載せてあるので、とても分かりやすいです。
分解や組み立ての際の注意点も細かく書いてあり、安心です。

貧乏節約ライダーのブログ

修理の内容:キャブレターの分解、Vベルトの取り付け

人から譲り受けた、動かない耕運機を動くように修理する記事が掲載されています。

他にも、エンジン交換をしたり、緊急停止ボタンをつけたり、キャブレターをメンテナンスしたりと、耕運機整備の記事が多くあります。

余談ですが、こちらのブログさんでは、クーポン情報や無料のキャンペーン情報を紹介したり、実際に使ってみたようすを載せておられます。
お得情報満載で、ときには動画もあったりして読んでみると面白いですよ!

浜松の中古農機専門店 へいせい中古農機センター

修理の内容:キャブレターの掃除、燃料ポンプの交換

浜松市で農機の販売・買取り・レンタル・修理、農作業用品の販売をしている「へいせい中古農機センター」さんのサイトです。

動かなくなった耕運機の画像や状態を載せてあります。
何が原因なのか、どこをどうすれば直るのかが書いてあるので、原因を調べるときに参考になりそうです!

耕運機の修理をしているお店さんですが、こんなに詳しくサイトに載せて商売上がったりじゃない!?とこっちが心配になるほど丁寧に記事が書かれています。

メタ坊の独り言(その1)

修理の内容:キャブレターの掃除

キャブレター洗浄の一部始終を丁寧に説明しています。
手順の一つひとつに写真付きで説明があるので、やり方が途中で分からなくなることは少ないでしょう。

キャブレター洗浄についての記事が複数あり、自分の持っている耕運のタイプに合わせて参考にできます。
ある程度の専門用語が分かる方向けです。

田舎暮し  南房総・白浜

修理の内容:キャブレターの掃除

さまざまな農機具の修理・メンテナンスの記事を掲載しているサイトさんです。
耕運機のキャブレターの清掃工程の写真などが載っています。

サイトの管理人さんは、50年間のサラリーマン説活を卒業され、現在田舎暮らしをしている方です。
農作業や園芸の記事、採れた野菜や果実を使った料理の記事もたくさん投稿されています。
見ているだけで楽しいです。これから畑仕事をしようとしている方の参考になる記事も多いです。

Farm Resort base of TAKA(菜園開拓)

修理の内容:キャブレターの清掃、エアクリーナーの交換、燃料フィルターの交換

エンジンのかからなくなったホンダの「こまめ(F210)」を修理する過程を掲載しています。

原因は、キャブレター、エアクリーナー、燃料フィルターあたりの汚れ、劣化のようでした。
交換便利な道具を使って、ほとんど分解せずに不具合のあると思われる箇所を調整しておられます。

こちらのサイトさんの他のページでは、点火プラグやスターターロープの交換方法も説明されています。
メンテナンスや内部清掃のときの参考になるでしょう。

それなりに忙しい休日

修理の内容:キャブレターの詰まり直し、エンジンオイル交換

キャブレターを分解し、洗浄して戻すまでの手順が掲載されています。
使用されている耕運機はヤンマーの「FP35 フロントポチ」です。

写真が多く載せられていて、手順をイメージしやすいです。
また、使っているクリーナーやスポンジも書いてあるので助かります!

エンジンオイルの交換もしています。

農業機械の簡単メンテナンス

修理の内容:キャブレターの詰まり直し、白煙が出ることの対応、燃料漏れ直し、オイル漏れ直し、ファンベルトの交換、燃料タンクの交換、燃料タンクのサビ落とし

オイル漏れからキャブレターの詰まり直し、燃料タンクの交換まで、さまざまな箇所の修理方法が掲載されています。
管理機の修理方法が分かりやすいように、画像付きで手順が紹介されています。

管理機の各部品について、一つひとつ丁寧に説明されているページもあり、「この部品はどういう役割だっけ?」と思ったときの参考にもなりそうです。

また、修理だけでなく、燃料の抜き方や保管の仕方、メンテナンスの方法まで詳しく書いてあります。
管理機についての情報が、とても豊富にまとめられているサイトさんです。

おやじ日記01

修理の内容:キルスイッチの修理(ショート端子断線の修復)、エンジン修理(点火プラグギャップの調節)

キルスイッチが効かなくなり、エンジンも動かなくなってしまった耕運機の修理をされています。

キルスイッチが効かなくなった原因は、ショート端子の断線。エンジンが動かなくなった原因は、点火プラグギャップにありました。

写真も豊富で、どのような調整を、どれくらいすれば良いのかはっきり書いてあるので分かりやすいです。

釣り好き老人の日々

修理の内容:ミッションオイルの交換、エアクリーナーの交換

ホンダの「こまめF201」の点検をされています。
ミッションオイルとエアクリーナーの交換のようすを写真付きで紹介されているので、どこをイジれば良いのか分かりやすいです。

管理人さんは、ホンダのお客さま相談センターに問い合わせて、点検方法を知ったとのことです。
こまめF201は、ホンダの耕運機の中ではかなり旧式ですが、丁寧な説明があったようで、無事交換が完了しています。

こうした購入後のサポートが厚いのは嬉しいですね。

あべちゃんの日記

修理の内容:リコイルスターターのロープの交換

引っ張ったら切れてしまったリコイルスターターのロープを取り替えるようすを掲載されておられます。
どこにリコイルスターター部分があるのか、写真も載せてあるのでイメージがつきやすいです。

ロープの代金が126円と、とても低コストに修繕しています。

アグリズ公式 スタッフブログ

修理の内容:点火プラグの交換

農業機械の点火プラグの交換方法が掲載されています。
どんなプラグを選んだら良いのかも、画像付きで詳しく紹介されていて、とても分かりやすいです。

サイト元のアグリズさんは、日本最大級の農機具インターネット通販サイトです。
販売の他にも、修理やメンテナンス、肥料農薬、施設資材、加工出荷資材など、トータルに農家の方をサポートされています。

耕運機の修理の他に、刈払い機などのメンテナンスや使い方の紹介も掲載されています。
農業をしている方の役に立つ情報がたくさん詰まっているサイトさんです!

錆鉄人と天女の感動人生

修理の内容:焼き付きの修理

耕運機のエンジン焼き付きの修理手順を載せているサイトさんです。
使用されている耕運機はホンダの「サ・ラ・ダFF300」です。

オイル切れのまま動かしていたことが原因で、焼き付いてしまったようでした。
カバーをはずして、焼き付き部にオイルを流し込み、最後は見事に復活しています。
修理部分を写真つきで見せていただけるので、とても参考になります。

サイトの管理人さんは、修理する前に新しい耕運機を買ってしまったようで、「2台持ちになってしまった」という衝撃の結末もあります。

コメント

  1. メタ坊 より:

    メタ坊の独り言(その1)を紹介して頂いてありがとうございます。
    おバカな記事9割のブログですが、機械、電気関係は一応プロです。
    10月1日からは、めた坊の独り言(その2)で新規開設致します。

    1. muroya407 より:

      管理人です。
      コメントありがとうございます!

      画像も大きくて、一つひとつの手順で載せておられるので、
      とても分かりやすい説明だと思いました。

      その1というところが気になっていましたが、なるほど、新規開設する予定だったのですね!

      今後ともよろしくお願いします。

  2. きあろひだんほ より:

    自動車に惚れて…の管理人の
    きあろひだんほ と申します、
    テキトーにやっている丙ブログですが 紹介していただきありがとうございます。

    修理した耕耘機ですが、最近
    クランクケースからオイル漏れが発生しましてガスケットが欠品、
    さらにドライブシャフトシールも
    駄目で此れも欠品、
    作って間に合わせることも出来ますが、外、もう一台耕耘機がありますので只今倉庫で眠っている状態です、
    いずれ復活させますので
    その時はまたうpしてみようかと思います。

  3. きあろひだんほ より:

    今晩は、自動車に惚れて…
    の管理人のきあろひだんほ と
    申します、修理した耕耘機ですが
    クランクケースからオイル漏れが
    発生しましてガスケットが欠品です、
    さらにドライブシャフトシールも駄目で此れも欠品です、
    自分で作って間に合わせることも出来ますが、外にもう一台耕耘機がありますので只今倉庫で眠っている状態です、いずれ復活させる
    考えですのでその時はまたうpしようと思っています。

    1. muroya407 より:

      管理人です。
      ご連絡ありがとうございます!

      そうでしたか、いたるところから故障が見つかり大変ですね……。
      なかなか手ごわいそうですね。
      再度の修理、がんばってください。

      記事をあげられたら、
      またぜひこちらのページで紹介させていただければと思います!

コメントを残す