ピアンタ FV200の特徴と口コミ | ホンダの耕運機

HONDA(ホンダ) ピアンタ FV200

◯保管しやすいカセットガス燃料
◯初心者にも優しい簡単操作
◯車輪やキャリーボックスで移動も便利

カセットガスで動く珍しいタイプの耕運機です。バッテリーの充電やガソリン漏れの心配が少ないため保管や持ち運びにも便利です。

カセットボンベだからといってパワー不足は感じられず、4枚の爪によってしっかり耕耘することが可能です。

土がついていても車を汚すことなく積み込むことができるキャリーボックスが付属しているなど、車での移動や保管への嬉しい配慮がされています。

メーカー:ホンダ
重量:20kg
サイズ:幅:48.5cm 奥行き:105.5cm 高さ:99cm
動力源:カセットボンベ(運転時間約 1時間)
耕作広さの目安:~30坪(公式表記)

持ち運びや保管に便利なカセットガス燃料が特徴的で操作もしやすい耕運機

ピアンタ FV200の特徴

保管しやすいカセットガス燃料

スーパーやホームセンターでも気軽に購入できるカセットボンベが動力源となっています。保管や持ち運びがしやすく、エンジンの燃料づまりもありません。

CO2の排出も少なく音も静かなため、環境にも優しく使用することができます。

4枚の爪は専用設計となっており、パワフルなエンジンも手伝ってしっかりと耕すことが可能です。「水気を含んだ固い土でもらくらく耕せる」といった声からもそのパワーが伝わるでしょう。

「40坪でもボンベの交換なく耕せた」といった声もあり、使い方次第ではかなり余裕を持って作業することができるかもしれません。

初心者にも優しい簡単操作

カセットボンベは専用のボンベケースに入れることで簡単に装着することができます。ハンドルについているスロットルレバーを握らなければ始動しないため、安心して操作をすることができるでしょう。

女性でも扱いやすい重量となっていますが、その軽さによって「初めのうちは固い土の上を飛び跳ねているだけだった」といった意見もあります。

しかし「コツを掴めば器用に耕せる様になる」といった話もあるため、少し練習をすれば固い土を耕運することもできるようになるでしょう。

車輪やキャリーボックスで移動も便利

車輪が付いているなど移動に便利な工夫もされています。ハンドルも折りたたむことができるため、車への積み込みもスムーズに行うことができるでしょう。

「固定しないと前方へ転倒する」といったように、車に積み込む際にはロープなどでしっかり固定する必要があります。

耕運爪にかぶせるようにして装着できるキャリーボックスが付属しており、これをかぶせておけば例え爪に土がついていようとも気にせず積み込むことができます。

このキャリーボックスは「付属のキャリーボックスが良い」、「爪のカバーが本当に便利」など評判も上々です。

折りたたみ式ハンドルや付属のキャリーボックスで保管や車への積み込みも安心

コメントを残す