耕す造 AKT-1050WRの特徴と口コミ | アルミスの耕運機

アルミス 家庭用電動耕運機 耕す造 AKT-1050WR

◯収納しやすいコンパクトサイズ
◯耕しやすいナタ刃を採用
◯電気で動くので経済的かつ環境にも優しい

コンセントに接続するタイプの、電気が動力源の耕運機です。

土を耕しやすい「ナタ刃」を採用しており、コンパクトなボディからは想像できないほどのパワフルな働きをしてくれます。

そのパワーは「粘土質の土でもストレスなく耕せる」ほどで、低価格ながら快適に土を耕すことができるでしょう。安全装置も二重に付いているため、暴走などの心配がある方も安心です。

メーカー:アルミス
重量:14kg
サイズ:幅:39cm 奥行き:103cm 高さ:97cm
動力源:電気(コンセントに接続して使用)
耕作広さの目安:約 20坪(公式表記)

耕しやすいナタ刃を採用することによってコンパクトな力強さを実現

耕す造 AKT-1050WRの特徴

収納しやすいコンパクトサイズ

他の耕運機と比べるとかなりコンパクトなサイズにまとまっており、収納場所にも困らないという利点があります。

重さは14kgで、「一般男性ならば車への積み下ろしが苦にならない」程度の重さです。運搬程度ならば女性でも問題なく運べるでしょう。

組み立て式となっていますが、「組み立てるときに説明書がわかりづらい」という意見が多いため、工作があまり得意でない方は少し苦戦を強いられるかもしれません。

しかし組立自体はさほど難しいものではないため、時間をかければ完成させる事ができるでしょう。

耕しやすいナタ刃を採用

土を耕しやすい「ナタ刃」を採用しているという特徴があります。

「カチカチで石だらけの地面がふかふかになった」という話を多く聞きます。それは、このナタ刃が一分間に300回転することによって、しっかりと土を耕すことができるためでしょう。

また、「拳大の石は簡単に取り除いてくれる」、「粘土質の土でもストレスなく耕せる」など、そのパワフルさを象徴する意見も多くあります。ただ一方で、「軽量かつ強力なので本体が跳ねてしまう」という意見もあります。

ゆっくり押すようにするとコツがつかみやすいかもしれません。

電気で動くので経済的かつ環境にも優しい

動力源が電気となっているため、ガソリンなどの燃料を使う必要がないという環境に優しい作りとなっています。本体価格もさることながら、電気代も 30分で 13円ほどなのでお財布にも優しいでしょう。

10メートルのケーブルは家庭菜園程度ならばちょうどよい長さですが、「どうしてもケーブルを引きずることになってしまうのでケーブルさばきにコツが必要」という意見もあります。

菜園の広さによっては少し練習が必要となるかもしれません。

燃料不要のコンセント式なため組み立てたらすぐに使うことができる

コメントを残す